カテゴリー モテる女 美容

ダイエットモチベーションを高める名言10選 - 意思が低い人に向けたアドバイス付き

2023/03/28

ダイエットを続けていくうえで、モチベーションを維持することは非常に重要です。

モチベーションが下がると、ダイエットへの取り組みが続かず、挫折してしまうこともあります。そこで、この記事では、ダイエットモチベーションを上げるために参考にできる言葉や名言を紹介します。

ダイエットモチベーション10選

それぞれの言葉には、具体的なシチュエーションがありますので、ぜひ参考にしてください。

1.「転んでもただでは起きない。自分で立ち上がるんだ。」

「転んでもただでは起きない。自分で立ち上がるんだ。」
(ロック・バルボア)

【シチュエーション】
ダイエットをしている途中で挫折してしまったとき。

食事制限を続けることに疲れてしまったときは、エリック・フラワーが言うように「食事をコントロールしなければ、トレーニングは無駄になる」ということを思い出してみてください。

食事制限がトレーニングの効果を引き出すために必要な要素であることを忘れずに、自分自身を励まして続けていきましょう。

2.「自分が決めた目標を達成するためには、行動する以外に方法はない。」

「自分が決めた目標を達成するためには、行動する以外に方法はない。」
(ピーター・ドラッカー)

【シチュエーション】
目標が遠いと感じたとき。

目標が遠いと感じて諦めそうになったときは、ピーター・ドラッカーが言うように「自分が決めた目標を達成するためには、行動する以外に方法はない」ということを思い出してみてください。

大きな目標を達成するには、小さなステップを踏みながら、毎日行動を継続していくことが必要です。自分にできることから始め、少しずつ進んでいけば、達成が遠く感じる目標でも実現可能になるでしょう。

3.「今日やれることを明日に残すな。明日できることを明後日に残すな。」

「今日やれることを明日に残すな。明日できることを明後日に残すな。」
(ベンジャミン・フランクリン)

【シチュエーション】
ダイエットへの取り組みが後回しになってしまったとき。

ダイエットへの取り組みが後回しになってしまったと感じたときは、ベンジャミン・フランクリンが言うように「今日やれることを明日に残すな。明日できることを明後日に残すな」ということを思い出してみてください。

ダイエットを始めるために必要なことは、今すぐ始めることです。明日や明後日にやろうと思っていることは、今日やることができます。一歩踏み出し、小さな行動から始めていくことが大切です。それが習慣化されれば、取り組みが継続できるようになるでしょう。

4.「食事をコントロールしなければ、トレーニングは無駄になる。」

「食事をコントロールしなければ、トレーニングは無駄になる。」
(エリック・フラワー)

【シチュエーション】
食事制限について、諦めそうになったとき。

食事制限について諦めそうになったときは、エリック・フラワーが言うように「食事をコントロールしなければ、トレーニングは無駄になる」ということを思い出してください。

ダイエットやトレーニングをするためには、食事制限が不可欠であり、努力を怠ると効果が得られません。しかし、厳しい制限によってストレスがかかり、挫折してしまうこともあります。

そのような場合は、少しずつ制限を緩めつつ、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。目標を見据え、焦らず、自分に合った食事制限を守り続けることが、健康的な体への近道となるでしょう。

5.「もう一度、ダイエットをやり直せるチャンスは明日、今すぐではない。」

「もう一度、ダイエットをやり直せるチャンスは明日、今すぐではない。」
(ジル・イエズ)

【シチュエーション】
失敗したと感じてしまったとき。

失敗したと感じてしまったときは、ジル・イエズが言うように「もう一度、ダイエットをやり直せるチャンスは明日、今すぐではない」ということを思い出してみてください。

失敗しても、明日からやり直すことができます。一度の失敗が全てではありません。挫折してしまったことを反省し、次に向けての準備をして、明日からまたやり直しましょう。それが継続する秘訣です。

目標を見据え、焦らず、自分のペースで取り組んでいくことが大切です。

6.「食べ物は人生における楽しみの一つであり、死に直結するものではない。」

「食べ物は人生における楽しみの一つであり、死に直結するものではない。」
(ジャン・アンテルム・ブリヤール=サルグー)

【シチュエーション】
食事制限によるストレスがたまってしまったとき。

食事制限によるストレスがたまってしまったときは、ジャン・アンテルム・ブリヤール=サルグーが言うように「食べ物は人生における楽しみの一つであり、死に直結するものではない」ということを思い出してみてください。

健康的な食生活を送ることは大切ですが、過剰な食事制限はストレスを引き起こし、逆効果になることもあります。自分に合った範囲内で、美味しいものを食べながら、健康的な食生活を心がけることが大切です。

食事を楽しみつつ、バランスの良い食生活を送ることが、健康的な体への近道となります。

7.「目の前の誘惑に負ける前に、自分の目標を思い出そう。」

「目の前の誘惑に負ける前に、自分の目標を思い出そう。」
(作者不明)

【シチュエーション】
食事や間食に誘惑されてしまったとき。

食事や間食に誘惑されてしまったときは、作者不明の言葉にあるように「目の前の誘惑に負ける前に、自分の目標を思い出そう」ということを思い出してみてください。

ダイエットや健康的な生活を送るためには、誘惑に打ち勝つことが必要です。誘惑に負けてしまう前に、自分が目指す目標を再確認し、そのためにどのような行動が必要かを考えましょう。

また、誘惑に負けそうになったときは、一度深呼吸をして冷静になり、自分にとって本当に必要なものかどうかを考えることも大切です。

目標を意識しながら、自分に合った範囲内での食事や間食を心がけることが、健康的な体への近道となります。

8.「自分自身を信じることができれば、何でもできる。」

「自分自身を信じることができれば、何でもできる。」
(ミロスラフ・クロフチェク)

【シチュエーション】
ダイエットへの取り組みに自信が持てなくなったとき。

ダイエットへの取り組みに自信が持てなくなったときは、ミロスラフ・クロフチェクが言うように「自分自身を信じることができれば、何でもできる」ということを思い出してみてください。

自分に自信を持ち、自分が選んだ方法で取り組めば、成功する可能性が高まります。自分自身を信じることができない場合は、家族や友人など信頼できる人に相談することも大切です。

彼らがあなたをサポートしてくれることで、自信を持って取り組むことができるようになるでしょう。
また、自分の進歩を記録することで、自分自身の成長を実感することができ、自信を持ってダイエットに取り組むことができます。

自分自身を信じ、前向きな気持ちで取り組むことが、成功への近道となります。

9.「痩せることは、何かを得るためではなく、何かを捨てることである。」

「痩せることは、何かを得るためではなく、何かを捨てることである。」
(アンドレ・ジイド)

【シチュエーション】
食べ物への執着心が強くなってしまったとき。

食べ物への執着心が強くなってしまったと感じたときは、アンドレ・ジイドが言うように「痩せることは、何かを得るためではなく、何かを捨てることである」ということを思い出してみてください。

食べ物を過剰に摂取することは、健康的な体への障害となります。食事量を減らし、健康的な生活に取り組むことは、何かを手に入れることではなく、不要なものを捨てることと同じです。

自分にとって必要な食事を摂取し、食べ物に執着することを捨てることが大切です。

また、食べ物に代わる趣味やストレス解消法を見つけることも有効です。
目標を意識し、健康的な生活を送ることが、痩せるための近道となります。

10.「いい体を手に入れるためには、何よりもまず自分自身にコミットしよう。」

「いい体を手に入れるためには、何よりもまず自分自身にコミットしよう。」
(ジョー・ローガン)

【シチュエーション】
ダイエットを継続するための意志が弱くなってきたとき。

ダイエットを継続するための意志が弱くなってきたと感じたときは、ジョー・ローガンが言うように「いい体を手に入れるためには、何よりもまず自分自身にコミットしよう」ということを思い出してみてください。

自分自身にコミットすることは、目標を達成するための重要なステップです。継続的な取り組みをすることで、ダイエットの成功につながります。

意志が弱くなってきた場合は、自分自身に目標を再確認し、何が自分にとって最も重要なことかを考えましょう。また、自分に合った運動方法や食事法を見つけ、バランスの取れた生活を送ることが重要です。

自分自身にコミットし、努力を続けることで、健康的な体へと近づくことができます。

これらの言葉や名言を見ていると、自分自身を奮い立たせることができます。

ダイエットの意思が低い

あなたのダイエットの意思はどうですか?意思が低い人の特徴をまとめました。

  1. 行動に移せない ダイエットを始めようと思いつつも、実際に行動に移せずに先延ばしにしてしまう人。
  2. 意志が弱い 食べ物や甘いものなど、誘惑に弱く、我慢できない人。
  3. 周りの影響を受けやすい 周りの人たちがダイエットをしていなかったり、食べ物を勧めてくると、ついついついていってしまう人。
  4. 運動嫌い 運動が苦手で、継続することができない人。
  5. ストレスがたまると食べ過ぎてしまう ストレスがたまると、食べ物を食べ過ぎてしまう人。
  6. 目標が曖昧 目標が定まっておらず、どのような結果を求めてダイエットをしているのかがはっきりしていない人。

以上のような特徴がある人は、ダイエットの意思が低いと思われる場合があります。

しかし、これらの特徴は改善できるものばかりです。
自分自身の課題を把握し、改善することで、ダイエットの意思が高まり、目標を達成することができます。

おすすめ4選

ダイエットの意思が低い人に向けた4選になります。

4つの言葉なら、反復する事で頭に叩き込めますね。

  • 「失敗しても挑戦しなければ何も始まらない。」(ノーベル賞受賞者アルバート・アインシュタイン)
  • 「自分自身を信じることができれば、何でもできる。」(ミロスラフ・クロフチェク)
  • 「目の前の誘惑に負ける前に、自分の目標を思い出そう。」(不明)
  • 「困難に立ち向かう決意を持つことが、成功への第一歩である。」(トーマス・エジソン)

まとめ

ダイエットには挫折もつきものですが、この記事で紹介された言葉や名言をノートに書き出して持ち歩く、スマートフォンやPCの壁紙に設定するなど、日常的に思い出すようにすることで、自分自身を奮い立たせる力を与えてくれるはずです。

挑戦することや自分自身を信じることが、ダイエットの成功につながります。また、誘惑に負けないためには、自分の目標を明確にしておくことが大切です。

エステ脱毛2回+医療脱毛3回

-カテゴリー, モテる女, 美容
-